Fantastic

今年の関西は、神戸の花火大会が、梅雨明けの合図だったのか。
それとも芸能人の合成麻薬MDMAを使用や、
自称プロサーファーの薬物所持逮捕のNEWSが梅雨明けの合図なのか。

毎年の神戸花火大会で、Hクンのアトリエで集まる。
アトリエからも十分見えるんだけど、ココの屋上からの眺める花火は最高。
昨年は、色々な人達を呼びすぎて、なんの集まりかわからなかったので、
今回は「こじんまり」と。
"浅野忠信似"のH岡クンと、我が愛しのO店長+相棒は腰痛で動けないとの事で
欠席は残念だったけど、うん、この位の人数がいいよ。

前回は、ターンテーブルx2 + ミキサー持込みをしたけど、
今年は、レコードとCDだけを持参。
音をそんなに大きくかけずに、話を重視できるようなニュアンスで。
・・・とは云いつつ、結局、酔っ払ってしまって、途中から記憶が脱落。苦笑。
そりゃ、「呑み方がだらしない」とT氏に言われる訳だww

んで、この集まり為にチョイスしたレコードなのだが、なんとタイミングというのか。
そのアルバムを聴いた翌日、「スラム・ヴィレッジのバーティンが死去」
というNEWSをメロー君のBlogより知ることになるとは。

仔細は一切明らかになっていないが、Dwele、Talivb Kweli、9th Wonderなど、
多数のアーティストたちが相次いで追悼コメントを出しているという。
享年35歳。

b0021026_23274865.jpg"Fantastic.Vol.2"
Slum Village
(Good Vibe 2000)
勿論、JAY-DEEサウンドで
Q-TIPやJAZZY JEF、
PETE ROCKなどを
Feat.も魅力的。
けど、これは、アルバムとして
全体感というか一体感というか、
「通して」聴いて気持ちいい点を
強調したい。



聴きこめば、ドンドン深みにハマっていくことができる、しかし、今回のような集まりでも
気持ちよく聴けるというのは、その「構成の良さ」というよりは丁寧に作られた一曲一曲が
キレイに並べられているからなのか、などと深読みをしてしまう。

「R.I.P」という表現は、ここでは敢えて止めておいて、
初期Slum Villageを丁寧に、そして繰り返して聴いていくことが、
バーティンやJAY DEEに対して

「冥福を祈る」

という意味になれば、と思う。

嗚呼、"Fantastic.Vol.1"を手に入れねばならない。


by shinyasta | 2009-08-05 00:33 | MUSIC


<< Summer Diggin&#... 75 showcase >>