Think Twice

Live終了後に、挨拶もそこそこ、サツキさん(S.C.O.F)から無言でCDを手渡される。
それは、「黙って聴けばわかるから・・・ね?」と言わんばかりの視線をチラッと。。。

結果としては、その通り、そのCDを黙って聴いてデレデレしてしまった。

その音に対するスタンスに「尊敬」、というよりは「崇拝」しつづけている
アズマさんとサツキさんにストーキングして、もはや十数年。
今でこそ、こんなに「近く」でお逢いできるようになったけど、
実際にアズマさんのDJを聴いたのは、ついこないだにご一緒させてもらった
イベント@渋谷オルガン・バーが初。
恥ずかしか~(九州弁)、それでよく、”日本一のスモサ・ファン”と公言してますね、ボクも。苦笑。
恥ずかしいついでに告白をすると、ブルーカフェにも行った事がなかったりする。

b0021026_15154346.jpgそんなアズマさんの
DJが聴けるCDがコレ。
詳しい解説はココ
お任せするとして
(手抜きじゃないですよw)、
いやはや、何とも
アズマさんらしいMix。
そう、アズマさん流
"大人のHIPHOP"解釈が
詰まっています。



テクニックも然りでカッコ良いんですが、何と云っても聴くべき処は、曲のセレクトとMixしていく順番。
聴いている人達が、「ホンワカと和み、かつ体を揺らさざるを得ない」のは、
きっと、そこに「セレクト=音へ愛情」があるから。


ヨー、そこのヒップホップを気取っている「恰好だけは一人前」のディィージェィ !
もしくは、「ライドォ~ン」気取りのラインストーンキラキラ・フィーメールDJィィィィィ!
DJ○○○さんが選曲したセットや某レコードショップのR&Bヒットチャートを
そのまんまを流すんじゃなくて、ちゃんと選曲(DJ)しろYo!
自分が愛情を持って選んだレコードを擦れ、そして、みんなを踊らせろyo。


b0021026_15183178.jpg"Express"
GROUP HOME
(Tape Kingz 1997)
と、毒を吐いていますが
(失礼!)、そういう時には、
この曲のバックトラックが
良く似合います。苦笑。
95年にもWhite盤で
出ていたと思いますが、
これは、Tape Kingz
からの正規の方。



「そういえばさ、最近、グループホーム聞かないねぇ、どーしてんだろね?」なんて言ってた頃に
出てきたこの曲は、親(プリモ)から離れて、独り立ちをしようとしてた時。
Co Pro.にはLil Dap自身がクレジットされている位に、その意気込みが伺える。
思わず背筋が「シャン!」としてしまうような、冷徹なNYCのストリート感がにじみ出ていて、
ちょうど初期モブ・ディープが出てきた頃を思い出します。
人によっては「暗っ!」って感じるバックトラックだと思うが、非常に「緊張感」があって好曲。

b0021026_15294377.jpg”Think Twice”
Special Ed
(Sure Shot 1997)
Crooklyn Dodgersの時も
なんだけど、その以前から
Special Edのフロウには
やられてるクチ。
というか、この12inchは
試聴した瞬間に、「はい、
買いです」と何も迷う事が
なかった。



浮遊感あり、かつシンプルなトラックがSpecial Edのフロウにバッチリ。
そこにフックで、RUN DMC”SUCKA MC'S"のキック&スネアが
絡んでくるなんて卑怯!(そして失禁w)。
そして、そのフックをI.N.Iが、(曲名忘れましたが)、
さらにサンプリングしてたりする処に、モゾモゾしちゃったりする。

あ、そういえば、当時のプリモのMix Tapeなんかでも入ってましたよね。


・・・う~む、アズマさん(S.C.O.F)とRIGOクンと「ゆっくりダラダラ」呑みたいっ(←なんのこっちゃw)。
by shinyasta | 2009-07-18 15:58 | MUSIC


<< Osaka Summer Sh... HOLD OUT >>